.........ME SO JOLLY.........
12年間のアメリカ生活を終わらせ、2010年3月から日本で熱く生きてます!三十路まっただ中!ポジティブでステキな40代を目指すのみ!熱く生きて損はなし!ミ―ソージ(ョリー)!
サンフランで建築家をお探しでしたら・・・

私の友達のオフィスが毎年訪問するたびに
拡大してオフィスが移転してる・・・
前はHayes Valleyの一角だったのに
今はなんとユニオンスクエアから
徒歩5分以内の超ダウンタウン。
すごい!!!
同じ大学を卒業した同朋として本当に尊敬する。
この日もビールを片手にとっても気さく。
この日は金曜日だったので
ハッピーフライデーで5時くらいから
飲みが始まるんですよ。
アメリカですねー。アメリカ!




171121_01.jpg




そして、3人で写真撮りました!
1年ぶりにあったけど、
あいかわらずかっこよくて可愛い彼。
日本にもきたことがあるので
日本っぽくピースサインで!




171121_02.jpg




そして夕食は創作料理系のタイ料理に行きました!
ここが本当に本当に美味しかったのです。
しかも価格もかなり良心的。
Farmhouse Kitchen(←ここ!)
フライドチキンは絶対にオーダーすべき。
青色の御飯も最高でした。
ミッションdistrictにお越しの際は
是非こちらへ!




171121_03.jpg




サンフランシスコで建築家をお探しの方。
もし、私を日本から呼び寄せるだけの
予算がないなら、是非、彼にお声をかけてください!
きっと素晴らしい案を提案してくれると思います。
彼のオフィスのサイトはこちらです。
サンフランシスコという土地柄、
リノベーションプロジェクトが多いですね。
私も彼のように仕事の途絶えない建築家に
なりたいです。
最近建築家としてどうやって
マーケティングをしていいか分からず
落ち込んでいます。
いいものを作っていれば自然と仕事が入ってくる。
というのは神話だと私は思っています。
お金持ちの知り合いがたくさんいたら
話は別かもしれません。
しかし、あんなに才能の塊のような私の前職のボスだって
いつも「俺がいつもマーケティングをしているんだ!」と
仰っていました。そうなんです。
私がマーケティングをしないか限り、
仕事が入らない限り、私の知識も設計能力も
全くを持って役に立たない。
宝の持ち腐れなんです。
だから、仕事をしなければいけないのに、
私のような建築家を探している人と
どうしたら出会えるのか、全く想像もつかず。
世の中には建築家との縁がなく
本当は建築家に頼んで家を建てたいのに
最終的には身近にいるハウスメーカーさんに
頼むことになる人も多くいるのになぁ・・・
ひとまずいろんな人に相談して
できる限りのことを一つ一つこなしています。
どの道を歩いているかは分からずとも
前に進んでいればきっとどこかに
辿り着くだろう。
そう信じて。




そうです!そうです!頑張れです!と思われた方!お友達のオフィスすごいですね!創作大量りも美味しそう!と思われた方も!左をクリック!「あなたにすべての善きことが雪崩のごとく起こります」ように。(斎藤一人さんのお言葉)

お友達の赤ちゃん達

スミス君が小さい時から仲良くしている
4人組のうち、ふたりが最近パパになりました!
ベビちゃんと会いましたよ!
赤毛と緑色の目のママ。
赤毛と青色の目のパパ。
さぁて、どんなベビちゃんになるのでしょうか???
赤毛は決定!目はパパのようです。ブルー。
とっても白い。ザ・白人ベイビーです。
でっかい。
プックプクで可愛い。




171119_00.jpg




スミス君ともお話。
でも、なぜか分からないけど
この子はあまり笑ってくれない。
常に真剣な眼差し。
それもちょっと見てて面白い。




171119_01.jpg




そして、夕食はもう一人のお家に伺いました。
そこでベビちゃんとベビちゃんのご対面!
2週間の差で生まれた赤ちゃん達。
プックプクの子と比べるともう片方は
痩せて見える。性格が全然違うけど、
どちらも無条件に可愛い。




171119_02.jpg




このお家では大きなワンちゃんもいるのですが、
とっても元気がいいのでベビちゃんが
びっくりしてしまってはいけないので
庭に出しています。
哀愁漂うお顔で見ないで!!!!




171119_03.jpg




わかるよ。わかる。
君も可愛いんだよ。でも、ごめんね。
ちょっとの間だから!!!




171119_04.jpg




ベビちゃん達とたくさん遊べて幸せな
気持ちになれました。
そして、スミス家で見つけた
スミス君の小さい頃の写真。
あぁ・・・なんて可愛いんだろう。
今は頰がこけてるけど、この時は
プックプクの頰だったんですね。
おでこにも横線がない。
今は刻んだようにある横線。
これからもっと深くなるのかなぁ・・・
Gordon Ramsay見たいになって欲しくないのになぁ・・・




171119_05.jpg




赤ちゃんは本当に可愛い!でも、スミス君も可愛かったわよ!と思われた方!ワンちゃんの表情!たまらんです!と思われた方も!左をクリック!「あなたにすべての善きことが雪崩のごとく起こります」ように。(斎藤一人さんのお言葉)

本場のハロウィン

パロアルトに戻りました!
そして戻った次の日はハロウィン。
一人で長い散歩に行ったのですが、
本場はすごかった。
アメリカに長い間住んでたけど、
独身の多いエリアに住んでいたからか
ハロウィンが実際どんなであるか
存じ上げておりませんでした。
おそらくこの町のこのエリアが
裕福すぎて輪をかけて激しいんだと思う。
今は亡きSteve Jobsが住んでいたエリアです。
クリスマスなら分かるんだけど、
お金あってもハロウィンのデコレーションに
ここまでお金かけたくない!!!!
これは不気味でしょう・・・




171116_01.jpg




奥のお家は立派なのに!!!
幽霊屋敷に見せたいのかしら???




171116_02.jpg




これにはおったまげた。
レッドカーペット付き!
猫の足の間を通ってtrick or treat!
こりゃ、キッズも喜ぶだろうなぁ・・・




171116_03.jpg




こんなに可愛らしいお家のお庭は
全面蜘蛛の巣もどき(苦笑)




171116_04.jpg




こっちもすごい!!!
庭が広すぎるとこういうこともできるんですね。
お墓ゾーン作ってるし!
かぼちゃランタンも一つ一つ顔が掘られてる!!!
スッゲー。




171116_05.jpg




そして、この1日のためだけに
ここまでするか???と絶句。
大工さんがきて幽霊屋敷の壁だけ立てています。
中は1階の玄関以外空洞。
ここでお菓子を配るのかな?
どんだけお金をかけるのだろうか・・・
ただただスゴイ・・・
アホだ・・・
でも、きっと子供達は喜ぶんだろうなぁ・・・
それならよしとする!




171116_06.jpg




そしてハッと気がついたら
目の前の大人が被り物。
そうなんですよ。
アメリカではハロウィンの日は
重要な打ち合わせでも被り物したまま。
上司もね。
昔を思い出しました。
素敵な習慣ですね。
私もやってたなぁ・・・
右のハロウィンカテゴリーで過去確認したけど、
一番酷かったコスチュームがのってない!
どこいったんだ?
スミス君がピローケースで
私がその中身だったんだけど・・・
ま、いっか!




171116_07.jpg




スミス家でもお菓子を用意していました。
夕方になると可愛いコスチュームをきた
キッズが訪問してくれます。
でも思った以上にキッズ訪問数が少なかったので
ジャンキーなお菓子が残る危機を感じた
スミスままはキッズにお菓子を選ばせるのではなく、
スミスままの大きな手で一握りつかんだ
お菓子を一人一人にどさっとあげる
大量消費法に切り替えました。
しかし、やはり残ってしまったので、
このジャンキー達は私達で
処理することになってしまった!
フートール!!!




171116_08.jpg




アメリカのハロウィンすごすぎる!やりすぎでしょ!と思われた方!ボスが被りものしてると会社の雰囲気が和らぐよねーと思われた方も!左をクリック!「あなたにすべての善きことが雪崩のごとく起こります」ように。(斎藤一人さんのお言葉)

セント・ルイスにも行った!

最初の2泊はJefferson Cityだったのですが、
3泊目はセント・ルイスに移動!
飛行機の中からではなくて、実際この目で
アーチを見てみたいな・・・なんて
密かに思っていたら、スミスママが
アーチに行きましょうか!ですって!
ラッキー♡
中に入ることはできなかったけど、
外から見るだけでも価値あり!
本当にどの角度から見ても
かっこよかったです。




171115_02.jpg




上の写真をFBに投稿したら
前職のボスからエレベーターがかっこいいんだよ!
と言われ、ショック。
中に入れなかった分を埋める
かのように帰国後アーチの構造、
エレベーターの設計、などリサーチしました。
とても面白いので
事務所のブログの記事にしたので、
もし興味のある方は是非
こちら(←)まで来てください!
安全ベルトもない時代です。
地上何十メートル上で
ゆらゆら揺れる鉄骨の上に乗っている
職人さんを見るだけでゾゾーっとします。
アーチのあとはスミスパパのお姉様家族の
お家に遊びに行きました。
スミスパパもママもどっちも
ミズーリ州にルーツがあるんですね!
スミス君のいとこも住んでいます。
なんて可愛らしいお家!



171115_03.jpg




スミス君がスミス邸の写真を
見せています。
このオレンジのカーペット、
竣工当初からあったみたいです。
年季入っているけど、とっても
居心地がいい!




171115_04.jpg




そしてみんなで行ったイタリアン。
セント・ルイスの名物、
toasted ravioliも頂きました。
トーストされているのではなく、
揚げられているラビオリです。
本当にうまい!
こちらのレストラン、何もかもが美味しかった!




171115_05.jpg




レストランのあと再度家に戻り、
いとこのアートを見せてもらうことに。
地下にアトリエを設けているのですが、
なんだか怪しげですよね。
彼女も不思議な人でした・・・
でも、詳細は書きません。家族ですからね。




171115_06.jpg




アーチすごすぎる!!!と思われた方!地下室に怪しげなアトリエ!これもすごいわ!と思われたかたも!左をクリック!「あなたにすべての善きことが雪崩のごとく起こります」ように。(斎藤一人さんのお言葉)

スミスグランマの告別式

アメリカの大学に通っていた頃、
一番仲良かったお友達のお父さんが
バレンタインデーの夜亡くなりました。
奥様とのディナーに少し遅れていたためでしょうか。
急いで車を運転して事故にあったそうです。
私はその時初めてアメリカのお葬式に行きました。
奥様へのサプライズ用に車のトランクには
たくさんのバラの花が敷き詰められていたそうです。
そんな話を聞いて、
私の友達が涙ひとつ見せずに冷静に
佇んでいるのを見て、
なぜか私が号泣したこと思いだします。
今回の告別式はとても明るいものでした。
スミス君の母方のお祖母様の告別式だったのですが、
20年前ほどからボケが進行していて
スミス君ママを見ては、あなたは誰?
私のローラはどこ?あなたですって?
私のローラはこんなに歳をとっていないわ。
と言ってたみたいなので、
最後は本当に誰もわかっていなかったみたいです。
でも、幸せな死に方です。老衰ですから。
告別式ではスミス君ママと
スミス君ママの妹さん二人が
お料理や飲み物を用意してくださいました。
我々も日本からの煎餅をそっと出す。
さすがアメリカ。
隣のクッキーには大敗です。




171114_01.jpg




全員集まったところで
長女であるスミス君ママが皆様にご挨拶。
そしてみんなにスミス君グランマとの
思い出を共有して欲しいとお願いをしました。
テレビにはグランマのスライドショー。
家族はもちろん、介護付き老人ホームで
グランマのお世話をしてくださった方や、
グランマの妹さんなど、
いろいろな方がユーモアセンスたっぷりの
思い出をシェアしてくれてみんな笑ってた。
こんな風にみんながグランマのために集まって
ほっこりしているところを
きっとグランマは天国で微笑んで
見ていると思います。
初めて知ったことですが、
グランマは写真を撮るのが大好き。
文章を書くのが好き。
同じように仕事してても男性ばかりが
出世する世の中にうんざりして
末っ子が高校生の時に大学院に行った。
運転が究極に下手。
熊を怖がらない。
目標を定めたらそれを達成するまで遣り抜く。
そういう人だったらしい。




171114_02.jpg




このあとは家族だけで
ロングホーンと言うステーキハウスの
チェーン店に行きました。




171114_03.jpg




チェーン店といえども、
USA真ん中にしかない!
確かにシアトルで見たことなかった。
ケンタッキー州にもあるみたいだけど、
大学のあったレキシントンにはないみたい。
知らないはずだ!




longhorn.jpg




なんじゃ、この副菜のメニュー!
野菜は全てクリーム、ソース、
チーズかけじゃないか!!!!
脂肪食べてんのか、野菜食べてんのか
わからなくなる!!!
でも、うまそう・・・




171114_04.jpg




渡米初日の晩がバーガーだったので、
次の日がここで正直痛かった。
けど、恐らくメニュートップ5に入る
健康食を頼んだので
脂肪摂取量は一応コントールできたかも???
クルトンは食べず、
ブルーチーズとドレッシングは
別容器に入れてもらい、
必要に応じて食べる!これに徹します!
確かに美味しい!




171114_05.jpg




久しぶりのミッドウエスト。
とっても嬉しくてワクワクしたけど、
肥満と貧困と言う2文字が
ちらついて仕方なかった。
貧困な土地には安くても満足感のある
ジャンクフードを食べる機会が
増えるのか、太ってる人が多い。
太ってると健康体を維持することが
できず、病気にかかったり、
手術をしなくてはいけなくなり
もっと貧困になる。
ネガティブスパイラルです。
人はみんないい人なのに、健康に対する
意識が低すぎるんです。
車社会と言う問題もあるけど。
アメリカの地方都市も
抱えてる問題が大きいですね。
この問題を変えるには幼稚園からの
食育が必要なのではと思います。




本当に肥満の問題は深刻よね。と思われた方!告別式がとてもポジティブな会でよかったね!と思われた方も!左をクリック!「あなたにすべての善きことが雪崩のごとく起こります」ように。(斎藤一人さんのお言葉)



プロフィール

ルンルン

Author:ルンルン
日本生まれ育ち。心はグローバル。機内で出会ったスミス君と5年の恋愛を経てゴールイン。シアトルの建築事務所で6年半勤務。日本に引越し。東京の某有名建築家の元で4年半勤務。現在は立ち上げた設計事務所で日々精進!日・米共に1級建築士。夫のスミス君と東京ライフを満喫中。趣味は旅行、映画、音楽、料理、ピアノ、ヨガ、パーチーなどいろいろ。目指せ、リア充! 建築に興味のある方は下のサイトにもいらして下さい。フェイスブックのページを「いいね」してくれると嬉しいです♡

  MARU-CHI SITE LOGO_新2_小


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


RSSフィード


































商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。