.........ME SO JOLLY.........
12年間のアメリカ生活を終わらせ、2010年3月から日本で熱く生きてます!三十路まっただ中!ポジティブでステキな40代を目指すのみ!熱く生きて損はなし!ミ―ソージ(ョリー)!
アートな週末

この週末は精神的にも体力的にもとっても疲れる週末でした。
細かいことは書きたくないのですが、
スミス君との将来に少し不安を感じ始めたといったらいいのでしょうか。
彼がゲームナイトで野郎ドモとつるんでる金曜の晩、私は友達に相談をし、
自分の気持ちをどうやって整理していいかまったくわからない状態で泣き続けていました。
左手のこすり指にきらきら輝くダイヤが涙で輝きが増しているというのに、
彼との間に深い溝があるような気がして、心配になって、悲しくなって・・・。

次の日の土曜日は近くのフェスティバルに友達も一緒に行くという予定があり、
彼と話し合いをするなんていう時間はなく、表面だけはとっても幸せなルンルンを演出していました。
フェスティバルから帰ってきて、彼と二人っきりの時間がとてもいたたまれなくなって、
”ちょっと用事があるから、ほんじゃぁね。すぐ帰ってくるわ。”
っとそっけなく彼に告げて、久しぶりの一人散歩。
用事なんて別にあるわけでもなく、町をぶらぶら歩いて、自分の気持ちをひとつひとつ分解。
なぜ自分が悲しんでいるのか、どうしたら解決することが出来るか。
感情的にならずに、理論的に。アイス・コーヒーを片手に公園を眺めながら
目頭が熱くなってきたら、自分のこと以外のことを考えるようにして・・・・。
どうしても彼と別れるという選択肢を自分に与えたくない。
でも、彼と別れるという選択肢は”楽”といえば”楽”かもしれない。

結果的に言います。お互いの愛を確かめ合ういい機会になりました。
彼とは別れません。絶対に別れません。
問題があったら、解決法をどうにかして見つけるという選択肢しか
与えないカップルで一生いたいです。



ま、そんなことはどうでもいいとして、土曜のフェスティバルでアートと見つけました。

最初に訪ねたところは日本人アーティストのアトリエ。
彼女は主に和紙を使用して照明器具を作ります。
彼女の照明器具は生粋の和。だから、絶対にアメリカでうけると思う!
ここに引っ越したのが3月でクライアントを少しずつ増やしているそうです。
がんばれYさん!



彼女のお部屋もとっても和。

08-0629_02.jpg

何気なく飾られている照明も素敵です。

08-0629_03.jpg

そして次に行ったのがDAN CORSONによる光のアート。
古い煉瓦の倉庫の窓に青のセロハンを貼り付けることで青い空間を演出。
その空間の中に彼は鉄鋼ケーブルを格子のパターンで床から天井にレイアウト。
蛍光オレンジのペイントが格子のパターンを普段感じないペースで表現。
とっても印象深い作品です。

08-0629_04.jpg

08-0629_05.jpg

このフェスティバルではイロイロなことがあったので、また続きを書きますね!
それでは!CIAO!

08-0629_06.jpg


そうか、そうか。そんな話し合いがなされましたか・・・・。と思われた方!アートは心の癒しジャー!と思われた方も!左をクリック!

姉へのBABY SHOWER!!!

日本にいる姉が出産を予定しています。7月中ごろ。
海外にいる妹としてはおねえちゃんの妊娠してる姿も見れないし、助けることも出来ない。
こんなときは、ギフトたくさん送るしかないっしょぉー。
そして、送りました。たっくさん。0歳から1歳まで着れるようなお洋服をざ、ざ、ざっと。
それに、赤ちゃん用のレッグ・ウォーマーとか、帽子とか、よだれかけとか。
ルンルン、おばさんになっちゃったよ。(笑)どこ行っても女の子の赤ちゃん服を見てしまう。
自分のことより、赤ちゃんに何を着させるか気になる・・・・。いやだな・・・。

赤ちゃん用レッグ・ウォーマー。(BABY LEG)かわいすぎー。
もっと写真みたい方は上をクリックね。
かわいいぃ~!大人はこれをアーム・ウォーマーとして使うことが出来るそうよ。

baby leg

姉は友達、親戚に出産報告のカードを送る予定です。
しかし、日本には出産報告のカードを送るという習慣があまりないらしく、
かわいいのを見つけることが出来ないそうです。
ハガキならあるけど、なんだか物足りない。

こういう時、なぜか知らないけど、アメリカにいるわたくしに問題が回ってきます。

”おねえちゃん、こういうのがいいんだけど、アメリカだったら
いろいろとかわいいのたくさん売ってるから、お金出すから、買ってぇ~
ルンルンちゃん、こういうの探すの好きでしょー。”

はいはいはい。わかりました。ねぇさん。

一生懸命探した結果、これを送りました。
なんじゃぁ、これ。と思われた方。説明をいたします。
キットうちの姉もカードの活用性を把握することができないだろう・・・・と思って、
イメージ用に私の大好きなベビー服屋flora and henri
赤ちゃんモデルの写真をかっぱらって、カードにイメージ用として差し込みました。



こんな風に赤ちゃんの写真を入れることが出来るの。赤ちゃん、かわいいぃー。

08-0621_02.jpg

そして、中を開けると、もうひとつ写真を入れられる!

08-0621_03.jpg

そして、もう一度開けるとはじめの写真がまた出てくる!
右頁にメッセージを書きます。素敵でしょ?
あまりにもかわいすぎで、ギャグ好きな私に少し不釣合いかもしれない・・・
と思って、ギャグ編も送りました!(とっても姉思い!)

08-0621_04.jpg

こちらがギャグ編!うちの母はこれを見つけたとき悲鳴をあげてたそうです。(爆笑)
変な赤ちゃん写真はいろいろと見つけることが出来たので、慎重に選びました。

08-0621_05.jpg

そして、中を開けると今度はミスター・ビーン・ベビー写真!(爆笑)
きもちわるぅー。いつ見ても笑ってしまうわ!
こんなにマイ・ヒットだったのに、ルンルンパパはとっても怒ってたらしい。(ヒェ~)
”こんな尋常でない写真を見たら、お姉ちゃんの赤ちゃんまでこんな顔になってしまうじゃないか。
母体の体と精神によくない。封印するべきだ。まったく、ルンルンは一体何を考えているのか。”
ってね。当の本人(姉)は笑うのみだったらしいですが・・・。あはははは。
大丈夫よ。パパ。こんなおかしい顔になったら、今度はコメディアンとして大活躍よ。
が、しかし、このカードはどこかに封印されたと噂を聞きました。ざぁんねん。

08-0621_06.jpg

とにかく、カードも赤ちゃん服もとっても喜ばれて、
遠くにいる妹としては嬉しいばかり!後は無事に生まれてくることを願うのみ!
がんばれ、姉!

レッグ・ウォーマーかわいいー。と思われた方!そうねぇ・・・そのカードはひどいもんね。と思われた方も!左をクリック!

ウエディングの候補

難航してます。結婚式をどうするか・・・・悩んでます。
スミス君と一生懸命考えた結果、2つオプションがあります。
今日紹介いたしますのは私の最優秀候補案。
バラ園で結婚式を挙げて、ミッドセンチュリー建築である某施設でリセプションというオプション。
バラ園は一目ぼれしました。どうしてもガジーボ(東屋)が田舎くさくて嫌なのですが、
除外してくれ。なんていえないし、バラの美しさで東屋を隠してもらおうじゃないか。



この下の写真は夏にバラが咲いてるときの写真です。
6月の終わりから7月にかけて咲くらしいのですが、とっても美しいでしょ???

08-0618_06.jpg

そして、肝心のリセプションロケーション。
じぃーつぅーは、ここ、近くの大学の教授クラブの建物なんです。
別にここじゃなくても全然いいんだけど、でも、ミッド・センチュリー。
一昔に地元で有名な何とかキースさんが建てた建築。立派です。
それに入るとこんなに素敵な景色がどっでぇーん!!!みずうみぃ~。

08-0618_03.jpg

丸テーブルがないので、すべて四角でまとめなければいけない。でも、モダンで素敵。
下写真は結婚式の一例ですが、私は全部白と緑で統一したい。
ちょっとアクセントとしてバラ・・・いれてもいいよね。うん。
でも、この下写真のようなエスニックなテーブルセンタークロスはきっとしません。はい。
シンプルがベスト。ここでできるかわかりませんが、楽しみです。

08-0618_01.jpg

そしてなんといっても椅子がいい。私、本当にプラスチックの椅子とか大っ嫌いで、
それだけでも機嫌が悪くなってしまうので、本当にこの椅子はありがたい。
どうでしょうかねぇ・・・・。結婚式も1年後。予約ぐらいは入れときたいものよね・・・。

08-0618_02.jpg


ほ、ほぉん。なかなかいいじゃない。と思われた方。バラ園とミッドセンチュリーなんて、とってもルンルン!と思われた方も!左をクリック!

レモネードで元気復活!

うちの町の6月はめちゃくちゃ寒くて金曜から風邪を引いてます!
でも、やっと今日暖かくなったので、スミス君と散歩しました。
公園について、ベンチに座って、ボー。人間観察をした後、ダウンタウンに行きました。



ダウンタウンのマーケットで買った5つのレモンを使ってレモネードつくりに挑戦。
挑戦といっても、マジで簡単なので、みなさまもビタミンCが足りない日に作ってみてください!
1カップの水を火にかけて半カップの黒砂糖を入れます。
水が温かくなって黒砂糖が溶ける間にレモン汁を1カップ絞ります。

08-0615_02.jpg

結構な力仕事なのかしら・・・?スミス君?はぁはぁ、言ってますよ。

08-0615_03.jpg

レモン汁1カップと解けた砂糖水をまぜて、その後、水を3,4カップ入れます。
私たちはちょっと間違えて大量に水を入れてしまったので、
かなり薄めなレモネードとなってしまいましたが、
どうでしょうか、私たちのレモネード。大作だわ。レモン味が薄かったけど、おいしかったです。

08-0615_04.jpg

今日みたいにすがすがしい日にこのレモネードは最高でした。
ビタミンCをたくさん取り入れて、風邪の菌よ、さらばじゃぁ~。
この写真、陰影が素敵。

08-0615_05.jpg


おいしそう!と思われた方!私も作ってみるわ。と思われたかたも!左をクリック!

透き通るコンクリート?

とっどきましたぁー!透き通るコンクリート!
某プロジェクトの超豪邸にふさわしい建材を製造元に頼んで、サンプルを送ってもらいました。
地球上のどこにハンガリーがあるのかは全くわかりませんが、ハンガリーの工場から送られてきました。
このマテリアル!99.9%の人が見たことのないマテリアルといっても過言ではありません。
すごいんですよ。透き通るんです。下の写真はパッケージの写真。




ちょっと聞いてください。このサンプル、めちゃくちゃ高かったんです。
マテリアルのサンプルって普通FREEが多いんです。
いろいろな人に見てもらって、触れてもらったほうが、オーダーの数も増える。という
典型的な考えから、サンプルはただが多いのですが、
この透き通るコンクリは実は高値でした。

な、なんと、このちっちゃな10センチ角、厚み1.5センチ、2種類の色が
300ドルするではないですかぁあああ!たっけーぇー。
暗い場所で見るとこんな感じ。

08-0528_03.jpg

そして、明るいところにおくとこんなに表情が変わる。
裏に置いた手が透き通って見えるの!!!凄い!

08-0528_02.jpg

このマテリアル、めちゃくちゃユニークでいいんですが、
アメリカにおいて建築で使用するのはほとんど不可能に近いらしいです。
スティーブン・ホールの事務所が試行錯誤を重ねてあきらめたとも聞きました。
ヨーロッパではほんの少しですが、このマテリアルを使ってる建築が存在します。

すご!

このサイトにいってね。
PROJECTをクリックしたらいろいろな作品がみれますよ!


08-0610_02.jpg


ほ、ほぉん。なかなか凄いマテリアルだね。と思われた方!それにしても高いぃー。と思われた方も!左をクリック!

刺激

スミス君の実家パロ・アルトに泊まっているので、サンフランには一泊しか出来ませんでした。
けど、この短い滞在を利用して、DE・YOUNG美術館の庭見学と、
現在工事中のサイエンス・アカデミーを写真に収めてきました。(感動!)
DE・YOUNGの美術館は前もきたことがあるのですが、展示されてある作品に少し落胆したので、
今回はFREEで見学できる庭のみ。(チープです。旅行中の私達。)
でも、やっぱり建築に目が行ってしまう・・・・。



COPPERのメッシュが作り出すヴェールのようなテクスチャーとか、
ヴォリュ-ムの裂けた空間から見える空が創り出す構造とか本当に憎い。
屋外テラスでは片持ち梁の屋根がダイナミックな空間を訪問者を驚かせます。

08-0607_02.jpg

私が絶対に行ってしまうところは美術館のカフェ。
異様にコーヒーがまずかったので、失敗に終わったけど、天井のデザインは気に入った。

08-0607_03.jpg

そして忘れてはいけないのが、DE・YOUNG美術館の真向かいにある
アカデミー・サイエンス。こちらはレンゾ・ピアノのデザイン。今年の9月にオープン。
凄い大胆なデザインよね。大きな平らな屋根の上は地元の花や草が育っています。

08-0607_04.jpg

キャノピーの部分は最新の技術を使ったフォト・ヴォルテイク(ソーラーパネル)を使用。
このソーラーパネルによってサイエンス・アカデミーが消費する電気の5%がまかなわれるそうです。
5%ってかなり少ない・・・って思っちゃいますよね。でも、ないよりかましなのかな・・・って思う。
地球に優しいデザインを追求するレンゾ・ピアノに拍手(パチパチパチ)

08-0607_05.jpg

アカデミー・サイエンスは私の友達がCCA(現場監督)をしてます。
彼はかなり有能な建築家なのですが、彼の奥さんも凄い!刺激されることばかりです。この町は。
彼女は建築事務所で働くのをやめてアーティスト兼ヨガ・インストラクターになりました。
彼女の作品にはマジで感動。こちらのサイトにもっと作品が紹介されてあります。
彼女は私達に鳥の鉛筆画の作品を説明してくれました。
この作品の一番の良さは生でみないとわかりません。
本当に繊細でこの鳥の絹のような羽の柔らかさを目で触れられるような感じ。

視覚と触覚と想像がともに働きあって感動が生まれる絵です。

08-0607_06.jpg

また今度遊びに来るときにも新しい作品、見せてね!

08-0607_07.jpg


サンフランって刺激される芸術作品、芸術家が多いのね!と思われた方。彼女の作品も、建築の作品もどちらも凄いわ!と思われた方も!左をクリック!

SEX AND THE CITY PARTY

SEX and the CITY PARTY。行って来ました。
先週末にリリースされたこの映画は超人気テレビ番組の映画化です。
映画化といっても続きって感じかしら。あの後、あの4人はどうなっちゃうのぉ???
って思ってるあなた。見に行って下さい。めっちゃくちゃおもろいです。

この超人気映画のトレンドをいち早く取り入れてパーティが行われました。
SEX and the CITY PARTY!!!! キャー。名前からして楽しそう!!!
やばい。奴はかなりのこだわり派だから、凄いことになるとは分かっていたけれども・・・。
壁にNYの夜景。そして、照明器具に扇風機。フォト・シュートのときに雰囲気を出すため。(笑)
彼がパーティの主催者。ご苦労様じゃ。

08-0604_08.jpg

パーティに来たゲストはこうやって簡易広告の前でポーズをとるというわけ。
すごぉーい。さすが、アメリカだぁー。なりきりキャリー・ブラッドシャー。

08-0604_01.jpg

あ、それはそうと、このパーティ、おもいっきりゲイ・パーティでした。(笑)
すんません、スミス君。ゲイじゃない男は二人だけ????あはは。ま、こんなのもありでしょう。
楽しんでたようだし、オッケー。変な男に攻められてたけどね。(笑)
でも、ここまでよくもまぁ、ゲイ・アジア人を集めたもんだ・・・。80人くらいいたよ。うん。

08-0604_03.jpg

パグはパーティがうるさすぎて疲れた様子です。

08-0604_02.jpg

私友達のグループの集合写真!いいねぇ・・・。

08-0604_04.jpg

私の友達は超ゲイで、パーティ好きで、いつも踊ってて、能無し?とか疑ってしまうのですが、
実はとっても才能のある芸術家です。来るたびに彼の作品を紹介してくれます。
今回はこのアクリル画。彼は蝶々を使って女性を描いたと言ってました。
やっぱり凄い。彼は凄いよ。本当。いつもパワーを有難う!!!!

08-0604_07.jpg


いやぁん。楽しそう。私も行きたいわ!と思われた方。本当に本格派ね。と思われた方も。左のアイコンをクリック!


短い旅行

はいはーい。全然ブログを更新できていないルンルンです!
実は旅行に行ってました。スミス君の実家、ベイ・エリアへ短期間旅行。
うーん。飛行機の窓からはエネルギッシュな雲がもくもく。



着いた次の日から日帰り旅行でサンタ・クルーズへ。
サンタ・クルーズは彼の行った大学があるので、その思い出旅行見たいなもん?
大学は私がおもい描いてたような大学像とまったく違かったので感動はなかったけど、
ビーチは超感激。最高に美しかった・・・・。

08-0602_2.jpg

彼が大学生時代に見っけたお気に入りの場所に連れて行ってくれました。
名前は・・・確か、NATURAL BRIDGE。
波に打たれて岩が削られて細い橋のような形になってるので、このような名前がついたんだと思う。
いいねぇ・・・・。スミス君、絵になってます。(パチパチパチィ)モデルみたいだわ。

08-0602_3.jpg

モデルといえば、モデル発見!でも・・・・何のモデル?と問いたくなるようなモデルさんです。
うーん。セクスィーポーズでつめたぁーい水しぶきを浴びながら夏を演出。
私はホット。熱い。セクスィ。そしてどの男も私の虜。お交わりをしたくてしょうがないの。
とでも言ってる感じ。水は本当に冷たかったのに、このお嬢さん、水の上でねっころがって
いろんなポーズをしてました。あぁ・・・・モデルって体を張ったお仕事だわ。
ご苦労様です。ねぇさん。

08-0602_4.jpg

アップもどうぞ。

08-0602_5.jpg

そして、なんちゃってモデルとなぁんちゃってカメラマンによるひどい写真もどうぞ。(笑)

08-0602_6.jpg

以上です。明日はセックス・アンド・シティの映画を女友達と見に行くので、
あさってサン・フランで行なわれたセックス・アンド・シティ・パーティの模様を報告いたします!
う~ん。海って美しいわ・・・・。

08-0602_7.jpg


全然ブログが更新されてないと思ったら、旅行だったのねぇー。と思われた方!おおぉぉおお!ナイスボディねぇちゃんだー。と思われた方も!左をクリック!



プロフィール

ルンルン

Author:ルンルン
日本生まれ育ち。心はグローバル。機内で出会ったスミス君と5年の恋愛を経てゴールイン。シアトルの建築事務所で6年半勤務。日本に引越し。東京の某有名建築家の元で4年半勤務。現在は立ち上げた設計事務所で日々精進!日・米共に1級建築士。夫のスミス君と東京ライフを満喫中。趣味は旅行、映画、音楽、料理、ピアノ、ヨガ、パーチーなどいろいろ。目指せ、リア充! 建築に興味のある方は下のサイトにもいらして下さい。フェイスブックのページを「いいね」してくれると嬉しいです♡

  MARU-CHI SITE LOGO_新2_小


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


RSSフィード


































商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。