.........ME SO JOLLY.........
12年間のアメリカ生活を終わらせ、2010年3月から日本で熱く生きてます!三十路まっただ中!ポジティブでステキな40代を目指すのみ!熱く生きて損はなし!ミ―ソージ(ョリー)!
カーンの傑作



ルイ!ありがとう!こんな素敵な建物を世に残してくれて!!!!
私とスミス君はLAに行ったついでに8年ほど行きたくても行けなかった
ルイ・カーンのSALK INSTITUTEに行ってきました。
わざわざLA JOLLA(SAN DIEGOの近く)まで車で行きましたぞー!

お昼の12時からボランティアによる建築ツアーの予約を入れてました。
きっとたくさんの人が集まるだろうな・・・なんて思っていたところ、
その日に予約を入れた人は私達だけ???え?うっそぉ~ん。
ラッキィーって少し思ったけど、ツアーガイドのおばあちゃんをみて、
このおばあちゃん、大丈夫かな・・・?倒れないかな・・・?
頼りなさそうな人だな・・・・なんて思ってしまったんですよ。あはは・・・。
いやぁいやぁ・・・・人は見かけで判断するもんではありません!
今となってはこのおばあ様にツアーをしてもらってよかった!
彼女ほど、SALK INSTITUTEについて語ることのできる適役はいない!
すばらしい!と思うまでに進展。
彼女は建築に物語、音楽、詩、心、魂、すべてを吹き込んでくれる
スピリチュアル・ばぁさんであったのです!!!
ELLENさん!あなたのことは一生忘れません。本当に本当にありがとう!!!!

09-0202_02.jpg

彼女はいろんな話をしてくれます。そのなかでも際立って印象に残った話。
スピリチュアル・ばぁさんが安藤忠雄氏にツアーをしたときについて。
実は私、つい一年前まで安藤氏の教会のプロジェクトに関わっていました。
私が住んでる都市の隣町に建つ予定だったのですが、
勿論、そのプロジェクトは景気の悪化によってつぶれてしまい、
今となってはいい思い出だけが残ります。
大阪の事務所で彼と会話をすることも出来たし、
彼の有能スタッフたちにはかなり迷惑をかけました。
本当にお世話になった!だから、彼に対する思い入れは強いです。
その彼が側近を抱えてSALK INSTITUTEに来た!
そして、エレンさんにツアーしてもらったというではないですか!!!

彼女はこういいました。

アンドーみたいなすばらしい建築家に、
建築家でもないおばあちゃんがなにを説明できるのかしら・・・・
って思って、通訳の方に聞いたの。アンドーは何がみたいか?って。
そしたら、返事は、あなたが決めてください。
そりゃ、中庭は写真でみんな見てるからそんなに感動もないと思うし、
どこに連れて行けば分からなかったけど、
とにかく地下にある中庭に連れて行けばいいかしら。
って思って、連れて行ったのよ。
彼はそれまで一言も私に話しかけてくれなかったわ。
すべて通訳を通して説明をしてたのよ。
でも、下の階に下りて、地下の中庭から上を見上げたあと、
彼は私にゆっくり近づいてこういったのよ。

I AM NOW RENEWED.

09-0202_04.jpg

今、私はよみがえった。

なんちゅう、パワフルな言葉であろうか。
私も安藤氏が立ったというあたりで、同じようなアングルで上を向いて
彼が感じたパワーを同じように堪能した。
写真の中では収まらない。サン・ディエゴのからっと晴れた空気に
シャープな太陽の光線。冷たいコンクリなのに、なぜかあったかい。
建築の中に、空間の中にリズムがある。
そして、その単調なリズムの中に人が日常生活の色を吹き込む。
ヨーロッパの古い建造物のように歳をとればとるほど味がでる建築だ。

09-0202_05.jpg

SALK INSTITUTEの創設者、JONAS SALKは
生前、エレンさんにいろいろと教えてくれたそうです。
実はこのランスケのデザイン、カーンの案ではないってこと、皆さん、ご存知ですか?
建築の工事は進んでもまだランドスケープの案がなかったとき、
ソルクさんはランスケのアーキテクトといって、バラガンをカーンに紹介しました。
(私のチョー好きなバラガンっすよー)
本来は典型的な中庭のように木や芝生などが植えられる予定だったんです。
しかし、この建築を見たバラガンは言いました。
”この建物に木は必要ない。必要なのは水だ。
右と左の建物から知恵と魂を引き寄せ、一線の水が池にためられる。
そして、海原に消えていく図にするべきだ。
このラボから生まれる創造性と知恵はETERNITYと結ばれる。”
そういったらしいです。

カーンは知りもしないメキシコのランスケの人からこんな意見を聞くとは微塵も思っていなかったので
彼のショックはかなり大きかったそうです。
この場に打ち合わせていた依頼主のソルクさんはカーンに耳打ちしました。
いやぁ・・・カーン。実は、バラガンという人物はメキシコで有名な建築家なんだ・・・。
カーンはその場から去り、図面を見に15分ほど消えたらしいです。
そして、バラガンとソルクのもとに戻ってこういいました。

君はただしい。ここには水が必要である。君のデザインでいこう。

私はこの話を聞いて、本当に感動しました。
有名な建築家が自分のエゴとか関係なく、その空間に一番ふさわしいデザインを選ぶ。
自分のための建築ではなくて、使う人の建築になることを彼はよぉく知ってる。
だから、バラガンの意見をすんなり受け入れる器をもっていたのだ。
私はこういう建築が好きだ。
そして、カーンは嬉しそうにバラガンにこういったそうです。

IF YOU MAKE THIS A PLAZA, YOU WILL GAIN A FACAE -- A FACADE TO THE SKY
空への顔。それはETERNITY=永遠への建築の顔だ。
この建築はいつも空と語り合う。木を植えなくても自然と調和する。

louis kahn

そして帰り道にポリオを発見した有名な医学者、ソルクさんの言葉発見。

09-0202_06.jpg

HOPE LIES IN DREAMS, IN IMAGINATION, AND IN THE COURAGE OF THOSE
WHO DARE TO MAKE DREAMS INTO REALITY.
希望は夢と想像と夢を現実に変える勇気のあるものの中に存在する。

09-0202_07.jpg

エレンさん、有難う。あなたがいなければ、こんな風に感じ取れなかったかもしれない。
スピリチュアル・ばぁさんは本当に綺麗だった。

すてきぃー。と思われた方!私もエレンさんの説明が聞きたいわ。と思われた方も!左をクリック!

この記事に対するコメント

とても楽しく拝見させていただきました。すばらしいブログですね。建築好きにはたまりません。 ルイスカーンを私はフィラデルフィアにまでしかいけていませんが、サンディエゴにもぜひ行きたいと思っています。

水が必要。。。

すばらしいですね。 また建築熱が高くなりました。 
【2009/02/05 09:13】 URL | #-[ 編集]

ホント、素敵ですね。

私は建築とは無縁なんですが、父が建築会社に勤めているので(といっても、営業なんですが)、たまーに現場や、新しい建物が出来上がった後に連れて行ってもらったりしてました。
(いかにも自分が建てたかのように誇らしげでしたけど。)

建築家も歴史も、お恥ずかしながら全然知らないんですが、このブログの写真を見て、ここに行って現物を見てみたいなーと思いました。
【2009/02/05 10:28】 URL | まこ #0RFeoFMg[ 編集]

初めまして、サンディエゴに6年住み、それからフロリダに11年住んでるユキという者です。
ちなみに36歳。で、デンタル オフィス勤務。
んでもってウルトラサウンドのテクになるべくして大学通い中。
るんるんさんのブログ、人柄がよく表れてて面白い~。これからも楽しみにしてます!
アメリカって30代女子もとことんはじけられて楽しいよね。40代が近くなりつつある私はちょっとドキドキですが・・。
ではこれからも楽しく読ませて頂きますぜ。

【2009/02/06 13:51】 URL | ユキ #-[ 編集]

ななしさん
ほんと、私もいい建築を見るたびに建築に対する思いが熱くなります。私はまだフィラデルフィアにあるルイの作品を見てません!一体何がある?サンディエゴに是非とも行ってください。超お勧めです。もちろんエレンさんにツアーしてもらってね。
【2009/02/09 10:31】 URL | ルンルン #BzfQ58gs[ 編集]

まこさん
建築のことなんて知らなくてもいいんです!!!!私はスミス君をどこにでも連れて行きます。私と出会う前の彼は建築のこと、全く知りませんでした。でも、どこに連れて行っても彼は私と同じくらい感動してます。最近の彼は、厳しい意見なども持ち始めるようになってます(笑)。この建築に行く機会を見つけることができるなら、ぜひともMY ARCHITECTという映画を見てから訪ねてください。この建築に対する思いが何倍にも膨れ上がります。
【2009/02/09 10:36】 URL | ルンルン #BzfQ58gs[ 編集]

ユキさん
これからは40代の女性が美しいと呼ばれる世界になっていくと思いますよ。女性が性的に一番欲求が高まり、輝くのが30代後半なんだから、40代もその余韻が残って当たり前。最近は美しくてパワフルな40代、50代が多いですからね・・・。ウルトラサウンドのテクなんて、素敵じゃないですカー。そんな資格があるとは知らなかった・・・・。そうやって新しい目標を立ててるユキさん、素敵ですー。それでは、また遊びに来てください!!!!
【2009/02/09 10:39】 URL | ルンルン #BzfQ58gs[ 編集]

一番最初のコメントで名前書き忘れたななしです。もとい。fab30です! ほんとルイスはいいです。マジいいです。 ふぃリーにあるのはペンシルバニア大学の生物研究所です、すごく素敵なビルです。先日一人で行ってきました。 

でも、このサルクにはかないません。私もいつか行きたいです! 昔ロスにすんでいたくせに、知識がなくて行きませんでした。 残念! 

ブルータスの表紙にもなったことがありますよね。 ブルータスの建築の写真を主に撮っている友人からいつも話を聞いていて、勉強させていただいています。

るんるんさん幸せそうで、人生謳歌してるみたいでいいですね! 私も励みになります。
【2009/02/11 00:36】 URL | fab30 #-[ 編集]

fab30さん
あなただったのですね。ななしさん。いや、まさかfab30さんもカーンファンだとは知りませんでした。(笑)ブルータスの建築の写真を主にとってる人と友達なんですかぁー??それは凄い。私も友達になりたいな・・・・・。
それはそうと、私はこのブログにイロイロと楽しいことを書くことで自分の精神状態を高めるよう心がけています。人生謳歌してるように見えるのは、楽しくてみんなもハッピィになれるようなことを中心に書くことで、自分にも催眠術をかけているんです。私はとっても感受性の豊かな人で、しかも究極に正義感が強いのでストレスが溜まることがよくあります。だから、人一倍の努力をしないと人生謳歌できません。fab30さんがそういう風に私のことを思ってくれて、本当に嬉しい。だけど、常にそういう精神状態を持ち続けているわけではありません。特に会社では自分でもどうしていいか分からないほどうまくいっていません。だから、もっと心を豊かにすることの出来ることを書いていきたいって思います!!!それでは!
【2009/02/22 09:01】 URL | ルンルン #BzfQ58gs[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ルンルン

Author:ルンルン
日本生まれ育ち。心はグローバル。機内で出会ったスミス君と5年の恋愛を経てゴールイン。シアトルの建築事務所で6年半勤務。日本に引越し。東京の某有名建築家の元で4年半勤務。現在は立ち上げた設計事務所で日々精進!日・米共に1級建築士。夫のスミス君と東京ライフを満喫中。趣味は旅行、映画、音楽、料理、ピアノ、ヨガ、パーチーなどいろいろ。目指せ、リア充! 建築に興味のある方は下のサイトにもいらして下さい。フェイスブックのページを「いいね」してくれると嬉しいです♡

  MARU-CHI SITE  border=0></A></p>
   <p style=


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


RSSフィード


































商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。