.........ME SO JOLLY.........
12年間のアメリカ生活を終わらせ、2010年3月から日本で熱く生きてます!三十路まっただ中!ポジティブでステキな40代を目指すのみ!熱く生きて損はなし!ミ―ソージ(ョリー)!
新婚旅行・3日目

パリの3日目は月曜日。
月曜日はほとんどの美術館がしまっているのですが、幸いなことに
ルーブルとポンピドゥはあいているので、そこと少しばかりの教会を訪ねることにしました。

ST. CHAPELLEという教会はシテ島にあります。
9年前に一人でパリにいたとき、どっかのおっさんが
ノートル・ダム寺院よりも、わしゃぁ、ST. CHAPELLEのほうが好きだ。
なぁんて言ってるのを耳にしました。
勿論すぐに訪ねてみたのですが、あいにく閉まっていたんですね。
まさか9年後にその思いを果たすとはおもってもいませんでした。
しかし、パリは修理中の建物が多く、この教会もそのひとつ。
残念ですね。8分の1くらいはプラスチックで被われていました。
プラスチックで被われていない部分は本当に綺麗だった。
ゴシック建築の美をすべて凝縮したような宝石のような作品。
でも、今度は修理のない日に訪ねにきたいな・・・・。

うーん・・・・。また10年後に訪ね来ることができるかしら・・・・?





そして、ノートル・ダム寺院。やっぱり大好きです。
中のパラ窓がとっても好き。
でもいい写真を撮ることが出来なかったので寺院内写真なし。
教会ははっきり言って写真でお見せすることなんて無理な話なのよね。
教会の重いドアを開けた瞬間に感じる神秘的な空気、
厳かな雰囲気は写真では伝わらない。
だから、教会に行くときは大抵写真をほとんど撮らないのがルンルン流です。


09-1002_02.jpg


シテ島から右岸にあるルーブル美術館に向かいます!
ルーブルはそんなに興味はなかったのですが、
スミス君がどうしても行きたかったようで・・・・。
新しく調達したカメラのリモートコントロールを使ってツーショット!


09-1002_03.jpg


I.M.ペイのガラスのピラミッドには賛否両論があるそうで・・・。
皆さんはこういうの、好きですか?歴史的建造物のど真ん中にガラスのピラミッド。
私はいいと思う。なんにもなかったらどこが美術館の入り口かわかんなくなっちゃうし、
それに、ピラミッドの周りのランスケのデザインが憩いの場になってていいと思う。


09-1002_04.jpg


この階段は一体誰がデザインしたのかしら?I.M.ペイかしら?
それとも昔からあったのかしら?この階段に一目ぼれ。


09-1002_05.jpg


私がルーブル内で2番目に好きな彫刻がみえます!
サモトラケのニケという作品。
このときの感動は大きい。遠くからもちゃんと彼女の翼はみえます。


09-1002_06.jpg


近くで見るとまるで本当に飛び立って行ってしまいそう。
都市の雑踏から喧騒から、自由に向けて
遥か遠くに飛び立ちたいという彫刻の思いがつたわります。
ここで私は9年前と同じようにスケッチをしました。
私がスケッチをしている間、大抵彼はノートに書き物をします。
彼は文章を書くのが大好きなので、そうやって記憶を残します。
もし彼が文章を書くことも、スケッチすることもない男性だったら、
きっとつまんねぇなぁーって思われることでしょう。
私たちはほんと、COMPATIBLEです。


09-1002_07.jpg


そして次に見たのはモナ・リザちゃん。
う~ん・・・。彼女は本当に人気者でいつもこんなにいろんな人から囲まれている。
大変ね・・・・。昔もおもったけど、小さい・・・・。彼女は本当にちっこい。
感動も特になく、となりのお部屋へ。


09-1002_08.jpg


いろいろと芸術鑑賞した後はわたしにとってのハイライト、
アモルの接吻で蘇るプシュケという作品へ。
この作品と出会ったとき、あまりにもその美しさに驚いて唖然としたことを覚えています。
今回も見ることが出来ました。


09-1002_09.jpg


天使が舞い降りてきたその瞬間をよくとらえています。
X字になった構造がとても効果的。


09-1002_10.jpg


ルーブルの後はPALAIS ROYALに行く予定だったのですが、
これもまた工事中。Daniel Burenのランスケデザインが
どうしても見たかったのですが、残念です。
本来ならば、こういう中庭を体験することができたのですが・・・・。


09-1002_16.jpg


仕方ないので、ランチ。
この日のスミス君のミッション(使命)はフランス典型的料理、
STEAK AND FRITESを食べること!
近くにそういう場所はないかとガイドブックでリサーチ。
そして見つけました!La Bourse ou la Vie!
ここのステーキはめっちゃうまいとかなり有名。
そして、本当にうまかった・・・・。
私はこのレストランの名物料理であるヴィール(子牛)をいただきました。
サラダもなく、これだけで、かなりコレストロールが高い昼食でしたが
毎日歩いてばっかりいるので、バランスは取れているはずです。


09-1002_11.jpg


遅めの昼食の後はレンゾ・ピアノがデザインしたポンピドゥ・センターに行ってきました!
ポンピドゥではじめに気が付いたことはこの建物の前にある広場のこと。
広場はかなりゆるい傾斜ですが、坂になっていて、
そこで地べたに座ってランチをする人もいるし、友達と話してる人もいる。
ルーブルの前もそうだったけど、この建物の前もそう。
写真にもうつってるでしょ?チョットしたデザインのおかげで
平坦な何もない広場が、ちょっと休めるお得な空間になる。
ポンピドゥ・センターをゆっくり眺める場所が与えられている。
すてきだとおもいます、こういう何気ないデザインって。


09-1002_13.jpg


坂 茂のオフィスが上にある。と聞いてたので、うえの階に行ったのですが、
それらしきものは見当たらず、残念。
彼のチューブ・オフィスが見られるかも知れない。と少し期待していたのですが・・・。
でも、そのかわりパリの街の素敵な写真を撮ることが出来ました。
この写真は私のお気に入りです。


09-1002_12.jpg


ポンピドゥ・センターで私が一番感動したのは
Henri Gaudier-Brzeskaの展示。
彼は1981年にフランスで生まれ、1910年から(19歳)から軍に参加するまでの4年間、
ロンドンで彫刻を中心に芸術に没頭する毎日を送ったそうです。
彼の作品はピカソを上回るのではないか・・・と思ってしまうほど斬新。
捉えるべきエッセンスをほんの少しの線とシンプルな形で表現する。
あまりにも感動したので、彼のスケッチをスケッチさせていただきました。
(この展示は写真が全くだめだったの!!!)
たったの4年間で彼の残した作品は大いに芸術界に影響を与えたそうです。
しかし、本当に残念。もし、彼が戦争で殺されていなかったら、
どれだけ多くのすばらしい作品が生まれていたかと思うと、
本当に残念で仕方ないです。

今は彼の本をE-BAYで探してるところです。


09-1002_14.jpg


かなり長い時間ポンピドゥの展示で時間をすごしてしまったため、
気が付いたら夕食の時間。と言っても、ステーキを食べたばかりでお腹はまだ一杯。
というわけで私たちはエッフェル塔まで歩くことにしました。
この日は、朝ホテルからシテ島に行く以外は一切地下鉄を利用していません。
かなり歩き回っているのですが、でも、時間があるので、歩きました。
距離はかなりあります。この地図の右にある水色がポンピドゥ。
そして、左の黄色い丸がエッフェル塔。
地図下にある黒い線は一キロの長さ。
一体どれだけ私たちが歩いているか想像できるでしょ???


09-1002_17.jpg


歩くのが大好きなスミス君は私をいつもだましては長い距離を歩こうとします。
そう、今回もこの3キロ以上ある距離を歩かされて、かなり機嫌斜め。
もう、あとちょっとでつきます!!!!って時に、
恐ろしいほどの量の雨が降りはじめるではないですか!!!
小さなホテルの前の軒下で雨模様を観察。

やばい・・・・。もう、ホテルに戻ったほうがいいかもしれない・・・。

お腹もだんだんとすいてきたけど、
ガイドブックにはいいレストランの紹介もされていないし、
雨はふりやみそうもなく、ザーザー。
スミス君は長距離の道のりを迷って、3キロ、4キロどころではない距離を歩かせるし・・・・。
本当に機嫌が悪くなり、少し喧嘩。でも、喧嘩しても雨は降り止みません。
雨が少し収まったかな・・・?というときを見計らって、
ダッシュで近くのお店に入って、傘を買いました。
この傘さえあれば、もう大丈夫!なんて思って傘をあけたら、
なんと、壊れてるの!!!!信じられますか???
たまらなく 大きなため息が出てきました。
でも、雨はだいぶ納まり、凄い早足でエッフェル塔まで突進。
エッフェル塔は構造がとっても綺麗。
機嫌悪くても感動しました。

勿論上にも上りましたが、雨がまたものすごい量で降り始めたので、
ロマンチックに夜景をエンジョイするというよりかは、
はい、はい、はい、良かった。良かった。で終わりました。


09-1002_15.jpg


この日の夕食はエッフェル塔からタクシーで
ガイドブックに載ってた美味しい中華を食べに行きました。
(どうしてもアジアンがたべたかった・・・)
気が付いたら9時半。かなりぺこぺこでものすごく美味しかった。
写真はありません。写真を撮るよりも食べることのほうが大切だったの。(笑)
と言うわけで、パリの3日目は歩きまくりの一日!
パリ4日目もいろんなところに行きました!楽しみにしててちょ!


 おおー!歩いてるねぇー!と思われた方!パリって素敵!って思われた方も!左をクリック!

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/09 16:37】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ルンルン

Author:ルンルン
日本生まれ育ち。心はグローバル。機内で出会ったスミス君と5年の恋愛を経てゴールイン。シアトルの建築事務所で6年半勤務。日本に引越し。東京の某有名建築家の元で4年半勤務。現在は立ち上げた設計事務所で日々精進!日・米共に1級建築士。夫のスミス君と東京ライフを満喫中。趣味は旅行、映画、音楽、料理、ピアノ、ヨガ、パーチーなどいろいろ。目指せ、リア充! 建築に興味のある方は下のサイトにもいらして下さい。フェイスブックのページを「いいね」してくれると嬉しいです♡

  MARU-CHI SITE LOGO_新2_小


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


RSSフィード


































商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。