.........ME SO JOLLY.........
12年間のアメリカ生活を終わらせ、2010年3月から日本で熱く生きてます!三十路まっただ中!ポジティブでステキな40代を目指すのみ!熱く生きて損はなし!ミ―ソージ(ョリー)!
ロンドン最終日・後半

ロンドン出張の最終日・・・
あぁ・・・もっと長く滞在したかった・・・

最終日はオックスフォードにいる友達と
Notting Hillで待ち合わせ!
時間に余裕があったのでホテルで十分くつろいだ後、
Sir John's Soane's Museumに行ってきました。
ロンドンに住んでいた同僚が行くならここ!というので
ガイドブックにも取り上げられていないこの美術館に行ってきました。
え?ここ、美術館?って思ってしまうほど、
ひっそりと佇んでいるのですが、
実はこの美術館、18世紀の建築家、ジョンさんのおうちを
美術館として開館しているだけなんですよ。
とはいえ、おうちとなめてかかったらいけませぬ。
まじ、美術館以上のコレクションの持ち主であったし、
それ以上に彼の作り上げた迷宮のようなこの建築の空間がすごいんですよ。


140417_00b.jpg


あれ?こんなところに?と思うようなところに
小さい小窓や天窓が設計されてあります。
暗いネオクラシカルな空間に明かりの帯がほんの少し差し込む。
その明と暗の遊びが重厚に芸術品の数々を照らす。
光の先には私をギラッとにらむ
ギリシャ人の頭があったりと、ドキっとする演出ばかり。
それだけではなく、この空間、鏡の数が半端ない。
自分が動くと、鏡に映る自分も動く。
通常なら自分が動いても空間が動くことはないけど、
鏡がたくさんあると空間のどこかが動いている錯覚をもたらす。


140417_00a.jpg


一番圧巻だったのは彼の書斎を見下ろすことの出来る部屋。
絵画がぎっしり詰まっている壁の1面が真ん中で開くんです。
その後ろの壁にもぎっしり絵画が飾られていて、
なんと、その壁も真ん中で開く!!!
ゆっくりその扉を開けると今度はその奥に空間があって
またまた絵画がぎっしり飾られている。
うぁーっ、なんなんだ、この空間、と思って少し近づくと
絵画がずっとずっと下まで続いているではないですか。

え?

なんと、そこから地下室の彼の書斎を見下ろすことができます。
まるで芸術作品に囲まれた洞窟のようなところで
ジョンさんは働いていたんですね・・・・
すばらしい建築家だったと聞いています。
あのころはコンピューターもなく、電気もなく、
この暗い空間でろうそくをともし・・・
まぁ・・・・


140417_00c.jpg


地下室はやばい。本当にやばい。
はいってはいけない空間に来てしまった感満載。
そして、こんなところに奥様が亡くなったあと、
一人で住んでいたこの建築家がどれだけ孤独だったろうか・・・
と勝手に余計なお世話な想像・・・。


140417_00d.jpg


すばらしい18世紀の住宅を見学させていただいた後は
今度は21世紀のNotting Hill!
あぁ、あの映画のように・・・・(あれは20世紀か・・・)
ジュリアロバーツとヒューグラントの、あの世界ですよ!
この日は土曜日だったのでマーケットのある日なので
本当に混んでた!ひとだかり!


140417_01.jpg


待ち合わせはOttolenghiにて。
やばい。ここのお惣菜達、めっちゃうまい。
量り売りしてくれるから経済的といえば経済的。
ここは奥に10名ほど座って食べる席もあるけど、
その場合は量り売りのお惣菜を選んで買ってはいけません。
それを知らなかった私達はお惣菜を買ってしまい、
座る席ないじゃん!って仕方なく外で食べることに。
でも、よかったんです。天気もよかったし、
ベンチとテーブルもなぜか見つけることも出来たし・・・


140417_02.jpg


今回待ち合わせをしたお友達は
前の職場の同僚で私が心から尊敬する人。
とっても利発で、努力家で、前向きで
本当に刺激になりました。有難う!
今後の私達の建築家としてのビジョンを語って
かなり盛り上がりました。
事務所の名前を何にするべきかって言う話で
延々と語ったね・・・・
何とかstudioとかatelier何とかは古いとか(笑)
どうでしょうかねぇ・・・私も今、検討中です。
そうそう、ロンドンで唯一高くなかったもの。
それはマーケットで売っている野菜と果物です。
だから、ここに住むなら自炊しかないね。


140417_04.jpg


Notting Hillの後はRIBAの展示。
"The Brits who Built the Modern World"
というタイトルの展示。めっちゃヨカッタッす。
私の大好きな建築の模型を生で見れた!
ロジャーズさん、有難う!


140417_05.jpg


マドリッド空港は2006年にスペイン旅行したときに乗り換えで来たんだけど、
マジ、感動したってこと覚えてる。
懐かしいなぁ・・・あぁ・・・・
スミス君と初めての海を越えた海外旅行だったな・・・
そのときの投稿はこちらをどうぞ・・・
私って本当に長い間ブログやってる・・・
自分でも感心。2005年の9月からかぁ・・・・
もうそろそろ9年やってるってことかぁ・・・
成長ないなぁ・・・・(笑)


140417_06.jpg


あぁ・・・あの頃はどんなだったかな・・・と
暇人ルンルンは昔の写真を見てはため息・・・
若い。可愛い・・・・。
今と比べて皮膚のはりつやが全然違う。
ダメだ。別に何をしなくても肌がつるんとしてた・・・・
今は現状維持をモットーに頑張るしかない!
あれ?脱線しすぎやって?
はいはい。ロンドンに戻ります。
RIBAの展示からホテルに戻り、長風呂につかり、
ゆっくり準備をしてひとりディナーにレッツゴー!
この写真、どう見てもアホだよね。ホテルに一人だぜぃ?


140417_07.jpg


ディナーは前からリサーチ済みのThe Delaunay
ジーンズではいけないようなところです。
ディナー席がなかったから、サロン席だったのが惜しいけど、
仕方ないよね。私、一人だし、女だし、背低いし、アジア人だし・・・
今度はスミス氏と一緒にドレスアップして行きたい!


140417_09.jpg


食事はもちろん最高でした。
何かを鶏でまいたものを揚げてるんだけど、
これが、美味しい!詳細をあまり覚えていないのは
残念ながら・・・・お酒のせいです。
私、最近全然お酒を飲んでいないから、少しでも飲むと
べろんべろんになる!
だから、一人で気取って素敵レストラン行ったはいいけど、
真っ赤になってひとりで酔っ払って、
眠くなっている。
あぁ~ほぉ~かぁ~って自分に突っ込みたくなる。


140417_08.jpg


とまぁ、私の出張旅行はほぼ終わりました。
次の日の朝5時にタクシーを呼んで、
早朝のフライトで羽田まで。
羽田では携帯を盗まれるという最悪のアクシデントに
見舞われたけど、それ以外は問題なし。
っていうか、それ、大きい問題でしょーっ!
って自分でまた突っ込んでみた。


ということで、今回も長くなってしまいました。
本当はさくっと投稿したいんだけど、
凝り性の私はあれも、これも、ってなってしまい、
かなりの労力と時間を費やしてしまう。
次回の投稿の原動力になるためにも
下の左の緑色のアイコンを
クリックしてくれると励みになります!
それでは、have a lovely day!


応援するわ。と思われた方!応援とかする趣味じゃないけど、クリックしてあげるわ。と思われた方も!左をクリック!

この記事に対するコメント

アホだよね。selfie.でもあたしもスイス一人旅でやりまくったselfie.着物着てBasel行ったとき。
ほら、あの紹介したKraft Hotel覚えてる?
あそこで。
あたし素敵でしょ☆てね。おほほ
(あのときはそんなこと思ってなかった。)

肌は要所要所で荒れてたし、まあ、どっこいどっこい。30代には30代の美しさがある。
と、わたしは信じている。はい。
でも20代の君はむちっとしてたけど、そこらへんが削げて、わたしはいいとおもうが。

クリックしてあげたよ☆おほほ
【2014/04/18 00:40】 URL | ヒラリン #-[ 編集]

ヒラリンさん
私、生粋のセルフィーはしないけど、鏡を通してのセルフィーはよくする。あほだね。クラフトホテル、最高。あそこ、今まで行ったホテルの中でも一番いい。もっとランクの高いところに泊まったこともあるけど、クラフトホテルの、心地のよさは、他と比べ物にならんよ。肌に関してだけど、むち、ぽちゃが最近めっちゃカワイいと思うようになってきた。男性が若い人が好きになる理由が少し分かる。バカでも肌がむちっとしてるとなんとなく許せるって言うか・・・・あれ?脱線しすぎ?でも、私はもう35.だから、35歳なりの美しさの研究と実践、頑張ります。
【2014/04/18 09:48】 URL | ルンルン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ルンルン

Author:ルンルン
日本生まれ育ち。心はグローバル。機内で出会ったスミス君と5年の恋愛を経てゴールイン。シアトルの建築事務所で6年半勤務。日本に引越し。東京の某有名建築家の元で4年半勤務。現在は立ち上げた設計事務所で日々精進!日・米共に1級建築士。夫のスミス君と東京ライフを満喫中。趣味は旅行、映画、音楽、料理、ピアノ、ヨガ、パーチーなどいろいろ。目指せ、リア充! 建築に興味のある方は下のサイトにもいらして下さい。フェイスブックのページを「いいね」してくれると嬉しいです♡

  MARU-CHI SITE  border=0></A></p>
   <p style=


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


RSSフィード


































商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。