.........ME SO JOLLY.........
12年間のアメリカ生活を終わらせ、2010年3月から日本で熱く生きてます!三十路まっただ中!ポジティブでステキな40代を目指すのみ!熱く生きて損はなし!ミ―ソージ(ョリー)!
日本の窓がいけてない理由

このトピックに関しては
延々と語れるのですが、
なるべく簡単バージョン
目指して説明します。
レシピ同様、海外のサイト、
日本のサイト等、さまざまな文献を
読んで書いているので
まとまんないかもしれなーい。
ごめんちゃい♡


150417_01.jpg


日本の多くの窓はアルミ製です。
安価だし、軽量で扱いやすい。
でも、アルミって熱伝導率が非常に高い。
熱を伝える能力が非常に高いということ。
アルミのみで壁・床・屋根をつくったら、
一瞬で内外気温は同じになってしまう。
だから、そもそもこの材料を使って
サッシ枠を作るなんてことがおかしい。
と思うかもしれません。
しかし、
アルミニウムは先ほども申しましたが、
軽量だし、リサイクルもできるし、
比較的強度もあるため、大きな窓も可能。
まるでホイップクリームのように
型から押し出して枠を作るので
作りやすいともいえます。
モダンなルックスを好んだり、
木枠が必要とする定期的なメンテナンスを
嫌うクライアントには捨てがたい。
だったら、アルミを使うしかない!
それではアメリカと日本の
アルミサッシ枠の違いについて。
分かりやすくするために
図は架空の枠断面図を描きました。
上: 日本  下:アメリカ


150417_02.jpg


下のサッシ例ですが
赤く塗られている部分は樹脂でできていて
熱伝導率が低いため、
冷気、暖気が伝わりにくい。
要するに外側と内側の
アルミ枠が分かれているんです。
外のアルミ枠がどんなに冷たくても
この樹脂を導入することで
内側のアルミ枠は暖かいまま。
アメリカではこのようなサッシを
thermally broken window frame
っていうんだけど、樹脂製のサッシと
同じくらいの効果が期待できます。
実はこれ、
日本では売っていない。
いろいろと調べたけど、私が
調べた感じだとない。
(もし売っているなら、情報プリーズ!)
なぜ、売っていないのか?
恐らく安価ではないことが理由だと思う。
高くなるくらいなら、木製の枠を好む人が
多いからかな?


それなら、今日本の窓メーカーさんが
こぞって売り出している樹脂サッシはどうよ。
って思うかもしれない。
安価だし、熱伝導率はダントツで低い。
(→ここからは私の個人的見解。
私は樹脂枠って聞くだけで
ぞぞーっと寒気を感じる。
樹脂の枠はPVCという材料で
作られていることがほとんどだが、
PVCを作る工程で環境が極端に汚染される。
そしてオープンセルのPVCからは
人体にとって有毒なガスがでている。
下水管のパイプ、外壁のサイディング、
ヨガマット等でよく使われているが、
PVCの怖さを「BLUE VINYL」という
環境支持派を極端に優遇した
ドキュメンタリー映画をみて
知ってしまった。
大いに偏った考えの映画ではあったけど、
それ以来、ヨガマットも
天然ゴムでできているものに買い替え、
PVC材料が近くにあると息を止めてしまう
癖がついた。それっくらい怖い)

アメリカでは木目調の
樹脂枠が人気なのですが、
樹脂は強度が低いため、大きな窓には不向き。
枠の見付け見込みがアルミよりも大きい。
それに色が付いてくる。
塗装は無理だから、メーカーの
指定色のなかから選ぶしかない。
とにかくダサい。


日本のサッシの問題は枠だけでは
ありません。ガラスにもあります。
複層ガラスだと結露しない
と謳ってるメーカーさん
よくいらっしゃいますけど、
あれはウソです。
結露します。うちんちがその例。
(木枠、樹脂枠ならないかもしれないけど・・・)
さっき理由が発覚して唖然としてしまったのですが、
なんとガラスとガラスの間にいれる
スペーサー部分を(上の図で確認してね)
アルミで作っているガラスが
ほとんどらいしいんです!
(うちもそうだった!( ̄□ ̄;)!!)
ガンガンに冷たい外側のガラスが
そのアルミを通して内側のガラスを
冷たくする。
ありえない!
ここでアルミつかったらダメでしょ!!!!
こんな根本的なことが
改善されていないサッシが流通していることに
まじ、あきれています。
海外と比べて日本の基準は最低レベル。
詳しく知りたい方は
「低い断熱性なぜ放置、
世界に遅れる「窓」後進国ニッポン」

とか
「日本の窓は住まい手の利益よりも
窓メーカーの都合に合わせて作られてきた」

を読んでください。
以前お呼ばれされたかっこいい
デザイナーズアパートの窓も
かなり結露するらしい。
(記事はこちら
結露って海外では設計に問題があると
見なされるから、結露に関して
シビアにとらえている海外建築家は多い。
「どうして結露する
窓枠を作るの???」って
ここに住むニュージーランドから来た
建築家の友達は心底びっくりしていた。
そりゃそうだ。
海外の基準は非常に厳しい。
っていうか当たり前!!!!
結露、
イコール、カビでしょ!
カビ、
イコール、不健康でしょー!
窓枠性能が世界レベルに達していないがために
発生する結露について、設計ミスからくるといわれたら
建築家はつらいよ・・・
樹脂枠が進化しているのは
どのメーカーさんのサイトを見てもよぉくわかる。
たた、他のオプションもほしい。
アルミの無機質な質感で設計したい時もある。
アメリカには木枠をアルミで覆った枠も売っている。
長所、短所、いろいろあるけど、
結露の問題は建築家だけでは解決しないので
メーカーさん、もっとガツガツ
開発してほしいです。
お願いだから、
「加湿器を使わないでください。」
「こまめに拭いてください。」
「窓を開けて換気を頻繁にしてください。」
を解決法にしてほしくないです。
だって、美容には加湿が必要だもの♡


結露だらけのアパートに住む
建築家の切なる思いでした。


確かに―。加湿器使うな。って言われると困る―!と思われた方!こんなに日本のサッシ水準が低いだなんて、知らなかった!と思われた方も!左をクリック!いつも応援クリックありがとうございます。とても励みになります!

この記事に対するコメント

ほええー、そうなんだ! PVCは知らなかった、早速調べてできる対策とってみます。しかし、ここからは完全受け売り、私もろくに調べて発言してるわけじゃないが、私がやってる活動で関わった方が住宅メーカーの営業なんだけど、その方が、日本をダメにしている理由の一つが建築業界。10年(くらい?)たったら建築物としての価値はなくなり、戸建の再販価格はぐんと下がる→建て替えの必要→膨大な廃材の産出→それに伴う資源確保のための環境破壊、などなど。それらのプロセスがすべてはいってるから、家を買うことに膨大な費用がかかり、固定資産をもてばそのローンの返済などで個人の生活が大きく圧迫される(=うちもそう)。その話を聞いて、日本の建築というのは「ニンゲンノクラシ」にまったく寄り添ってねーな、とがっかりしました。その「なぜ」の部分をしりたいです、が、時間なくて調べられてないけど。
【2015/04/18 16:37】 URL | Mちゃんの友達 #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/04/19 17:22】 | #[ 編集]

ルンルンさんお久しぶりです。前コメントさせてもらったとき名前を何にしてたか忘れたので新しい名前にさせてもらいました!
以前は新築をする際キッチンの件で相談させていただきありがとうごさいました!
家も無事完成し、片付けも落ち着きまたこうしてお邪魔させてもらっていますー
遅れましたが、ルンルンさん独立おめでとうございます♪今から楽しみですね!HP是非拝見したいですけど公開されないとのことで残念です
これからもBlogたのしみにしています!
【2015/04/20 15:37】 URL | エル #-[ 編集]

Mちゃんの友達さん
PVCはおもちゃにも使われているぐらいで、身の回りのものをようく調べるといろいろなものがPVCってこと判明する。サランラップも。日本はPVCがプラスチックの中でも一番粗悪で環境を破壊し人体に悪影響を及ぼしているという事実を知らない。PVCの恐ろしさを知らない人が集まってPVCを使っていることが一番怖い。アメリカでは常識なことが日本では常識になっていないことが多い。例えば殺虫剤の恐ろしさとか。まぁ、まぁ、それも恐ろしいけど、建築業界も酷いもんだね。10年で家が機能しなくなったら意味がない。建物は100年、200年というスパンで考えて、大切に大切に使われるべきなのに!あぁ!!!!!本当に残念。一生懸命いいものを作ろうとしている人がいる傍ら、何百何千というスペックハウスをポンポン建ててる人がいる。10年後には建物の価値がないことを知っていながら・・・本当に困った世の中です。
【2015/04/21 21:47】 URL | ルンルン #-[ 編集]

エルさん
おー!キッチン、終わったんですね!おめでとうございます。嬉しいですよね。新しいおうち。楽しんでください!あ。はいはい。独立しましたが、名ばかりで今は勉強に集中しています。1級建築士の資格に受かって、1級建築事務所にした時点で、このブログともリンクをつけていこうかなぁ・・と思っています。今の状態でリンクを付けてもなんとなく(このアホな)ブログの方が勝ってる感じで恥ずかしいんです…早くて今年の秋かなぁ・・?その時まで待っていただけますでしょうか!!!(笑)引き続き、宜しくお願いいたします!
【2015/04/21 21:50】 URL | ルンルン #-[ 編集]

PVCはいわゆる"VOC(揮発性有機化合物)"ですね。
私もビニールテープや粗悪な柔軟マットのニオイにやられました、ホント怖いですよね~(-_-)

現代日本人は安さを求めるあまり、こういった住宅事情に疎すぎるのでは? と思います。
TVでもこういった問題を取り上げているのは見たことがありません、そのわりに効率の悪い暖房器具や生活の知恵と称したどうでもいい情報を垂れ流しているのですから、意図的に教えていないのでは……と、どうしても邪推してしまいます。

(窓について調べていたらこの記事を見つけ、なるほど、と思いコメントさせていただきました)
【2016/01/26 10:50】 URL | i #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




プロフィール

ルンルン

Author:ルンルン
日本生まれ育ち。心はグローバル。機内で出会ったスミス君と5年の恋愛を経てゴールイン。シアトルの建築事務所で6年半勤務。日本に引越し。東京の某有名建築家の元で4年半勤務。現在は立ち上げた設計事務所で日々精進!日・米共に1級建築士。夫のスミス君と東京ライフを満喫中。趣味は旅行、映画、音楽、料理、ピアノ、ヨガ、パーチーなどいろいろ。目指せ、リア充! 建築に興味のある方は下のサイトにもいらして下さい。フェイスブックのページを「いいね」してくれると嬉しいです♡

  MARU-CHI SITE  border=0></A></p>
   <p style=


最近の記事


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


カテゴリー


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


RSSフィード
































商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。